ラズパイ

gnome、 lubuntu、 xubuntuLXDE といろいろデスクトップを試してみましたが、サスペンドから復帰しないとかブラウザでクラッシュするとか、ユーザー切り替えができないなどの不具合が出ました。

やはり熱暴走かと、ファン付きのケースを発注。
届くまでのあいだに、ubuntu から、純正の Raspberry Pi に入れ替えてみました。
イメージファイルを起動用sdカードを作るツールが同社のサイトにあって、これだけで完結するのでとても便利です。
ただ、今回 ubuntu起動システムが入ったまま RasPi を上書きしようとして失敗しました。書き込みが終わるまで6時間以上かかった上に、正しく書き込まれていません。Windows PC でフォーマットもできないので、GoPro に入れて初期化しました。

リトライは15分ほどで書き込み終了でした。

さて、スイッチオン。
これが快適。
全然問題が発生しません。

ファンなしのアルミシンクの筐体は以前ほどにないにしても熱くなるので、届いたファン付きケースに入れてみました。ファンの風切り音が心配でしたが、5VのHighSpeed モードにしてもほとんど音がしません。
デザイン的にいいと思います。

それにしても純正OSは快適です。作りも洗練されています。
前にも書きましたが この OS はデビアン系の Linux ですので使い勝手がいいです。

f:id:spaxjazz:20210302093339j:plain

この記事も、ラズパイパソコンで書いています。